So-net無料ブログ作成
検索選択

 
  * * * * * * * * * * * *   *   *

ここは旧blog ぼくと「かえる」日記 の移転先だぞっ♪       


  * * * * * * * * * * * *   *   *

契約内容を変更したりしてIDが変わってしまったので,blogを統合することにしたんだ。

なんとか6月7日現在,移行作業は終わったんだな。

で,2017年6月18日をもって 無印の方のぼくと「かえる」日記公開を終了し,こちら(工事中)を残すこととなったんだ。

(名前はそのうち直すけど,紛らわしいので,暫くは「工事中」のままにしておくつもりだ)

 

 旧nice.png

みんなには,バタバタ続きで,nice!も消えてしまったり で,ご迷惑をお掛けしてしまい本当に申し訳ない。

これに懲りずに,これからもお引き立てのほどをお願いするぞっ♪

 

 

現行blog [ひらめき] ぼくと「かえる」日記2 [ひらめき] も宜しくお願いするんだなっ[揺れるハート] 

NC 鳥の話 ブログトップ

North Pond Wildlife Trail ~Outer Banksの野鳥観察日記。その2。~ [NC 鳥の話]

     172.JPG

続いて,Refuge Visitor Center脇にあるNorth Pond Wildlife Trailにも行って来たぞ♪

 

ここはNorth PondNew Field Pondの間を歩けるTrailだ。

まずは緑の小道を歩いて,木々のトンネルを抜ける。 

   174.JPG

勿論,この辺りにも鳥はいるんだぞ。

でも,蚊が出るので,藪に入ることは避けた方がいいだろうな。

ウエスト・ナイル熱にかかったら困るだろ?

 

そして一番奥にはこんな展望が設置されているんだ。

    173.JPG

ここには,なんと,[眼鏡]双眼鏡[眼鏡]があるんだ。

そう,1枚目の写真は,この展望台の双眼鏡を覗いてるところだったんだ。

    171.JPG

本当に,[ぴかぴか(新しい)]いい眺め[ぴかぴか(新しい)]だ。

どこまでも広がるような湿地と吸い込まれそうな綺麗な空,そして2つを繋ぐ海。

 

 

色々見て回ったので,少々休憩だ。    

      180.JPG

ここビジター・センターの窓からは,設置された巣箱が見れるんだ。

 

巣箱の下には,Mourning Dove(ナゲキバト)が居たぞ。

      176.JPG

まぁ,ここじゃなくてもRaleigh市内でも見れるんだけどな。

 

鳩の居たすぐ上の巣箱には,黒い鳥が2羽止まっていた。

   175.JPG

Grackleなんだろうけど,Commonか,もしくはBoat-tailed

Boat-tailed雌は茶色っぽいんだけど,雄は黒光りするんだ。

でも,区別がつかないな・・・。

 

少し休憩したので,再び散策開始だ。

 

湿地には,アメリカに来て以来毎日お目にかかるCanada Gooseがいた。

    207.JPG

何か美味しいものでもあるんだろうか?

必死に,水草か小さな虫をつっついているようだ。

 

ふと見ると,背後に怪しい影が・・・・・。

    208.JPG

それに気付いたかのように啄むのを中断したぞ。

そ~っと近づいた怪しい影は,Heron(サギ)のようだ。

 

すぐに一緒になって,くちばしを水に突っ込み始めたぞ。

    209.JPG

光の具合で見えにくいけど,少し足の付け根の辺りが白っぽい気がするので,Tricolored Heronじゃないかな?

Little Blue Heronかもしれないけど,この距離では区別をつけるのは難しいな。

 

ぶ~らぶらしていると,何か白いものが空を飛んだのが見えた。

急いで追いかけると,それは湿地の端へ着地した。

    226.JPG

ズームしたらちょっとピンぼけっぽいけど,真っ白で綺麗[揺れるハート]

上の写真じゃ分からないんだけど,下の写真で見ると下肢が黒で趾が黄色い

だからSnowy Egret(ユキコサギ)だと思う。

 

ピントを合わせようとしていると,水浴びでもするかのように体を水の中へ突っ込んだぞ。 

     227.JPG

 

あ~あ,羽がぼさぼさじゃないか・・・。

    234.JPG

 

これを2回繰り返した後で,木の枝に飛び上がった。

      238.JPG

暫くすると,大きく羽を広げ,それから湿地の彼方へ飛んで行ってしまった。

      239.JPG

 

帰らないといけない時間だったので,この場を離れることにしたけど,出来ればもう少し散策したかったなぁ~。

興味のある人は,Pea Islandへ行ってみてくれよなっ♪


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

野鳥の隠れ家Pea Island ~Outer Banksの野鳥観察日記。その1。~ [NC 鳥の話]

さて,随分前に約束したPea Island(ピー・アイランド)の野鳥を紹介しようか。

      198.JPG

ビジターセンターの看板に書かれているように,まさにここはNational Wildlife Refugeだったぞ。

Refugeというのは,「隠れ家」とか「安全な避難場所」って言う意味なんだ。

 

まずは,海辺に群れているこの鳥。

    076.JPG

顔からくちばしが黒くて,羽はグレーで先っぽが黒っぽくて,ハラが白い。

Gull(かもめ)なのは確かだろうけど,Laughing Gullか?Bonaparte's Gull(ボナパルト)

因みに,一般的にGull達は夏と冬では顔の色が黒→白へと変わるんだ。

    117.JPG

 

次は、灯台の傍の湿地(沼?)の中に居た真っ白な鳥だ。

     079.JPG

足が趾(あしゆび)まで黒いので,Great Egret(しらさぎ)かな?

20分くらい観察していたら,頭を下げて魚のような小さい物を啄んでいるのが見えたぞ。

もっと近くで見れるといいんだけど,難しいな。

 

湿地の中には,他にも鳥が居たぞ。

鷹のようなの(多分Ospreyミサゴが一番奥の高い木に飛んで行くのが見えたんだ。

カメラを構えても間に合わなかったけどな・・・。

 

ところで,この鳥をどう思う?

       084.JPG

上の子供?と思ったりもするけど,何故か,くちばしが短い

くちばしが短いので,Cattle Egretの子供?の可能性もある。

でも,首が妙ぉぉ~に長いし,足が黒っぽく見えるからEgretかなぁ~。

はぁ,一体,何者なんだろうか。

 

 

では,次の写真

勝手な推測で,Black‐whiskered Vireoだろうか・・・。

   017.JPG

whiskeredの意味は「頬髭の生えた」で,Vireoとはモズモドキ

見れば見るほど,頬髭があるような気がしてくる。

名前は違うかもしれないけど,木の枝とかに数匹で群れているので,モズモドキだとしてもおかしくはないんじゃないかな,と逃げてみる。

 

次は,波打ち際でうろうろしているこの鳥。

似てる鳥が沢山いるんだけど,Short-billed Dowitcherかなぁ~?と。

     074.JPG 

この鳥は,延々と砂浜をうろうろ歩きまわっていたぞ。

波が引くと海の方へ向かって行って,波が押し寄せると慌てて砂浜へ駆けあがる。

時々,波が引いた所で餌を見つけては,突っついて食べていたんだ。

    075.JPG

でも,餌探しに夢中になっているうちに,波に足元をさらわれそうになったりもしていたぞ・・・。

     073.JPG

  

次の写真は,見間違えようのないRed-winged Blackbirdクロツグミの一種)だ。

     134.JPG

写真の写りの問題はあるけど,肩に鮮やかな肩飾りのような赤と黄色が見える。

聞いた話では,赤い部分が隠れているのもいるそうだけど,まぁ,見間違えないだろうな。

でも,これは

雌の方は,茶色っぽいんだ

    

そう言えば,ここPea Islandには,2つのTrailがあるんだ。

どちらもNorth Pondに沿って歩けるようになっている。

でも,Salt Flats Wildlife Trail短いので,ちょっと物足りないけどな。

 

        140.JPG

 

       141.JPG

 

上の雌?と思ってシャッターを切ったけど,なんとなく違う気がする。

    137.JPG

尻尾の感じがBoat-tailed Grackle(雌)っぽいように思える。

まぁ,海のそばだし,居てもおかしくはないんだよなぁ~。

     

       163.JPG

写真が小さいので切り抜いたんだけど,これで限界らしい。

多分,Carolina Wrenミソザイ)だろうな。

顔にある眉毛のような白線白っぽい喉元が特徴だ。

 

 

さて,ちょっと長くなってきたので,一旦締めようか。

興味のある人は,続きを楽しみにしててくれよなっ♪    


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

デューク大学の庭を見て来たぞ♪ ~Sarah P. Duke Gardens~ [NC 鳥の話]

Raleigh周辺(ノースカロライナ)には,NC State以外にも大学がある。

以前,ボタニカルガーデンを紹介したNCU

そして,日本でも有名だろうと思うのが,Duke大学

 

と言う訳で,4月末にDuke大学の庭を散策してきたので,紹介するぞっ♪ 

    045.JPG

Sarah P. Duke Gardensというのが正式な名前のようだ。

 

日曜日は,車が停められなくて大変だ。

NC Stateのように,大学の駐車場も開放してくれたらいいのになぁ~。

2か所ある駐車場はどちらも満車で,路駐が溢れている。

暫く待ったけど,空く気配がないので諦めて,美術館の下の駐車場へ停めることにした。

$6を機械に入れて,レシートを車のフロントに置いておけばOk。

5分ちょっと,坂道を歩いて到着だ。 

 

一応,案内図が欲しいので,中へ入った所にある木箱へお金を入れて,案内図を1枚貰ったぞ。

でも,持ってる人は,全然見なかったけどな・・・・・。

 

それにしても,あっついなぁ~。   

    005.JPG

綺麗に整えられてるんだけど,なんだか元気ないな・・・・・。

 

でも,少し日陰にある,つつじ(Azalea)の花は綺麗だった。

(日本でもそうだけど,日向にあるのは,花が枯れたのも多かった)

   040.JPG

   どうやら,この辺りは,撮影スポットのようだ。

花の前では,かわるがわる誰かが写真を撮っていた。

綺麗な花をバックに記念撮影してる人もいたし,純粋に花だけの写真を接写してる人もいたし,賑わっていたぞ。

 

ちなみに,この庭には,大きな和風庭園があるんだ。

で,ずんずん進んでいくと,竹林ではタケノコが頭を出していた。

    006.JPG

まぁ,ここまで来ると,タケノコっていうか,もう竹だけどな・・・・・。

 

大きな池には,太鼓橋がかかっていて,灯篭も置かれている。

   013.JPG

   日陰もあるし,なかなかの絶景だぞ。

 

ここには,沢山の水辺の鳥もいる。

     012.JPG

    毛づくろいをしているのは白鳥かなぁ~。

足が黒っぽいのでTundra Swanじゃないかなぁ?と思う。

まぁ,顔(くちばし)を見せてくれないので,断言できないけどな。

 

おおっと,かるがも

    014.JPG

本で調べたら,Mallard(Common Mallard)っぽいな。

雄は青首なんだけど,雌は茶色らしい。

 

あ~,なんだか癒されるなぁ~

と思ったのもつかの間,ひな達は,ぷかぷか浮かぶ白い物をつっついていた。

 

そう,この池にはたくさんのなまずが居るんだ。

ぷかぷか白いハラを出して浮かんでいたそれは,言わずと知れた~~~~。

可愛い顔してるけど,肉食(雑食)

    017.JPG

そんな事を考えているのが顔に出たんだろうか?

または,お食事(遊び)の邪魔をされたと思ったんだろうか,す~っと向こうへ泳いで行ってしまったぞ。

 

日本庭園に竹林はわかるけど,この写真のモサモサしたのはなんなんだろう?

   025.JPG

   右下のモサモサした偽モリゾー風の物体が気になる。

NC Stateの庭にも生えていたよなぁ・・・・・。

でも,名札が見えない。

なんとなく和風な感じだけど,なんていう名前だろうな?

  

上の写真に写ってる門を出たところでカーディナルを発見したぞ。

     024.JPG

   写真を撮ってる間もお構いなしに,鳴き続けていた。

   やっぱり,黒ヒゲな顔はいつ見てもいいな♪

 

暫く散策していると,再びカーディナルに遭遇だ。   

    034.JPG

少し色がオレンジがかって見えたけど,若いと色が薄いとか? 

 

それにしても,American Robinときたら,平気で道を横切って行く。

     027.JPG

   フラッシュ禁止にしてるから,少し写真がブレてるけど。

   どうしてこうも堂々としてるんだろうか?

 

林の中の湿地では,鳥が昼寝をしていた。 

      039.JPG

身をかがめて,暫くじ~っと見てたけど,まったく身動きしなかったぞ。

羽根の下にちらりと見える青っぽい帯と尻尾の先が白っぽいので,また,雌のCommon Mallardだと思う。

 

暑くて疲れてきたので,ちょっと早めに切り上げたけど,なかなか面白かったぞ。

まだ,バラは殆ど咲いていなかったけど,もう少ししたら見ごろになるんじゃないかな。

 

結局,庭を見に行ったのか,鳥を見に行ったのか,よく分からなかったけど,興味のある人は,是非とも行ってくれよなっ♪  


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

青い鳥との出会い♪ ~Botanical Garden at Chapel Hill その2~ [NC 鳥の話]

あっつ~。

暑いぞ。

気がついたらなんと,午後の室温が85Fに上がっていた。

道理で,クーラーの自動運転が止まらない筈だ。

摂氏だと,室温が30度くらいで,気温は33度くらいだったらしい。

今,News14 Carolinaで,1960年の記録に並んだとか言ってた気がする。

(まぁ,怪しい耳だから,聞き間違えかもしれないけどな。)

でも,ちらっと見えた【HOT】の表示は見間違えじゃないだろうし。

どうやら,異常気象の警報が出てるっぽいな。

 

ただでさえ憂鬱なのに,メキシコのニュースを見て,更に憂鬱が増した。

マスクしてないじゃん!!

どこかの街の様子のようだけど,マスクをしてる人もいるんだけど,一部の人だけ。

しかも,警官?のおじさんのブルーのマスクの様子が変

小さすぎるのか,息苦しいからずらしてる,のかは分からないけど,鼻と下くちびるギリギリしか覆っていないように見える。

こ,これじゃ意味無いんじゃ・・・・・。

そんな気がしてしまったぞ。

 

では,気分を変えて,昨日の続きの話でもしようか・・・。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

つづき。 

    018.JPG

 

散策路へ移動中,また,赤い物が目に入った!!

     019.JPG

   あ~,失敗しちゃったけど,仕方ないな。

   フラッシュを抑えてあるせいなのかなぁ~。

   でも,なんとか撮れたぞ。

   つがいカーディナル!!

   雄の方は,綺麗な色なんだけど,雌の方はちょっと地味・・・。

   暫く様子を見ていたら,2羽で近くの枝に飛んできたりしてたぞ。

  

 

散策路を歩いて行くうちに何か書かれたプレートを発見した。

    022.JPG    

あ・・・・これは,噂のポイズン・アイビーっていうのじゃないのか?

    024.JPG   

    どれだろう・・・?

    って怖いもの見たさで写真を撮りまくる。

    で,アメリカ人に確認してみたぞ。

    葉っぱが3枚セットで生えてるのポイズン・アイビーだそうだ。

    このポイズン・アイビー毒性が強くて,触れたら酷い火傷のようにただれるらしいんだ。

    しかも,服が擦れたのを気付かずにいて,数日後に触れてもかぶれるそうだ。

    そして,燃やした煙を吸い込むと肺がやられてしまう・・・。

    なんて恐ろしい!!

    その上,何気に庭に生えていたりする事が結構あるそうだ。

    専用の除草剤を使わない限り処理ができない代物らしいぞ。

    

     026.JPG

     途中には,Meanderingと説明書きのされた川?があった。

      「うねうね曲がった」っていう意味のようだけど,「取り留めのない話」の事でもあるらしい。

      まるで,このblogのようじゃないか。

      はぁ~。

 

 

更に歩いて行くと,人気も無くなり静かになってきた。

 

ふと,何かが動いた気配。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・あ,みつけた・・・。

 

     027.JPG

     愛しのBluejay(ブルージェイ)じゃないか!

         以前,近所の湖の散策路で見たんだけど,写真が撮れなくて・・・。

     前のは,うるさく鳴いていたんだけどなぁ~。

     今回のは,とっても静か。

     でも,こちらのことを気にしてる様子はない。

     調子に乗って,木の陰でカメラを構えてシャッター・チャンスを待つ。

 

     と,少し日が射し込んできて周辺が明るくなったぞ!

     029.JPG

     でも,枝は取りはらえないからな・・・・・。

     まぁ,特徴はとらえられてると思うんだけど? 

         鳴き声さえ,うるさくなければ,綺麗で素敵な鳥なんだけどなぁ~。

       

 

と言う訳で,ボタニカル・ガーデンより,周辺の山道の散策がメインになってしまっていた。 

まぁ,これからライム病が怖い季節になるからな。

山道満喫!って感じでよかったのかもしれないな。    

    042.JPG  

 

 

[かわいい]おまけ[かわいい]

 

おまけっていうか,珍しい物を一つ。

     043.JPG

    すぐ傍で,水色の消防車らしき車を見かけたぞ。

    大学のイメージカラー・・・・?なのかな?

    ちびっこには,清掃車に見えたようだけど・・・・・[たらーっ(汗)]


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行
NC 鳥の話 ブログトップ