So-net無料ブログ作成


  * * * * * * * * * * * *   *   *

ここは旧blog ぼくと「かえる」日記 の移転先だぞっ♪       


  * * * * * * * * * * * *   *   *

契約内容の変更とか色々あってblogを統合することにしたんだ。

で,2017年6月18日をもって 旧blog ぼくと「かえる」日記公開を終了し,移転後のこちらを残すこととなったんだ。

旧nice.png

みんなには,バタバタ続きで,nice!も消えてしまったり で,ご迷惑をお掛けしてしまい本当に申し訳ない。

これに懲りずに,これからもお引き立てのほどをお願いするぞっ♪

 

現行blog [ひらめき] ぼくと「かえる」日記2 [ひらめき] も宜しくお願いするんだなっ[揺れるハート] 

Wood Stork アメリカトキコウ ブログトップ

400分の1秒の世界。 ~Savannah観光 その5~ [Wood Stork アメリカトキコウ]

台風も近づく中,blogをUpしようとしている訳なんだけど,窓の外が騒々しい。

少し開いている小窓がガタガタ鳴り始めて,外を走る車の水飛沫の音が良く聞こえる。

 

台風の進路が,もう少し太平洋の方へ逸れるといいのになぁ・・・。

今,桂浜の映像を見てるんだけど,結構ひどいことになってるから,もしも被災地の方へ進んだらとんでもないことになるだろ?

予想では直撃しないようだけど,側を通れば何らかの影響が出るのは確かだし・・・。

 

さて,ちょっと気分転換しようか。

今日紹介するのは,猪八戒くんのいた動物園Oatland Island Wildlife centerの続きの話だ。

動物園といっても,舗装された道を移動する訳じゃなく,森の中をぷらぷら歩きながら動物達のいる場所へ移動するシステムだ。

日本の動物園や牧場と比べると,手入れしているのか,放置されているのかが,微妙な感じだけど,まぁ,風情があっていいんじゃないかなぁ~♪

(虫除けは必須だけど)

 

あ・・・奥に何か居るぞっ♪

  Wood Stork アメリカトキコウ (1).JPG

               これは・・・・トキ

実は園内にワニが居て,ワニを探して水辺を覗き込んでいたら,偶然発見したぞっ♪

貰った園内案内図を見たけど,池の絵が描かれているだけで何も書かれていない・・・。

後で調べないといけないな。

    Wood Stork アメリカトキコウ (3).JPG

それにしても,体もくちばしも大きいけど, が何気に巨大だ。

ちょっと枝が邪魔で上手く写せなかったけど,肉色?で,しゃぶりつきたくなるような「むにむに」した肉付きが良さそうな足に見える。

多分,閉じているからそう見えるだけで,水かき部分がそんな感じに見えるんだろうな♪

 

それにしても,真っ白でふわふわした羽と比べると,その後頭部から首にかけての様子が対照的だな・・・・・。

  Wood Stork アメリカトキコウ (2).JPG

           なんで羽が生えてないんだろうな?

コンドルのように死肉を食べる訳じゃなだろうに・・・。

この長いくちばし狩りの道具として使うんだけど,長い以前紹介したヘビウとはちょっと違う使い方をする。

くちばしを開いたまま水の中に指し込んで,魚が触れた瞬間にくちばしを閉じるんだって。

 

その速さなんと400分の1秒

 

まったく想像のつかない速さなんだけど,木の枝とかを間違って挟むことはないんだろうか??

そしたら,痛いよなぁ・・・・・ハラもヘルし・・・。

 

 

で,ホテルに帰ってから図鑑を開いてみたぞ♪

  Wood Stork アメリカトキコウ (4).JPG

湿地に群れるアメリカトキコウ Wood Storkは,その飛ぶ姿が美しいと言われている。

長い首を折り畳まずに伸ばして飛ぶ為,とても優雅に見えるんだって。

 

でも,ちょっと変わった狩りの方法のせいで,アメリカ国内では個体数が減少しているようだ。

やっぱり開発とか温暖化?で採食地が減少しているってことかなぁ~?

南米には沢山いるようだけどな。

 

という訳で,アメリカトキコウに興味のある人は,アメリカ南東部へ旅行してみるといいと思うぞっ♪


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
Wood Stork アメリカトキコウ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。