So-net無料ブログ作成
検索選択

 
  * * * * * * * * * * * *   *   *

ここは旧blog ぼくと「かえる」日記 の移転先だぞっ♪       


  * * * * * * * * * * * *   *   *

契約内容を変更したりしてIDが変わってしまったので,blogを統合することにしたんだ。

なんとか6月7日現在,移行作業は終わったんだな。

で,2017年6月18日をもって 無印の方のぼくと「かえる」日記公開を終了し,こちら(工事中)を残すこととなったんだ。

(名前はそのうち直すけど,紛らわしいので,暫くは「工事中」のままにしておくつもりだ)

 

 旧nice.png

みんなには,バタバタ続きで,nice!も消えてしまったり で,ご迷惑をお掛けしてしまい本当に申し訳ない。

これに懲りずに,これからもお引き立てのほどをお願いするぞっ♪

 

 

現行blog [ひらめき] ぼくと「かえる」日記2 [ひらめき] も宜しくお願いするんだなっ[揺れるハート] 

GA Savannah(サバンナ)観光 ブログトップ

アメリカの動物園にいたのは猪八戒?? ~Savannah観光 その4~ [GA Savannah(サバンナ)観光]

以前,Savannah(サバンナ・サバナ)へ行った話を書いたのを覚えてるかな?

今日は,久々にその続きを書こうと思うんだ。

記憶が薄れてきちゃったけど,なんとか補完して書いてみるぞっ♪

 

今回やってきたのは,Oatland Lslandという所にある,Wildlife Centerだ。

要するに動物園のようなんだけど,こっちの動物園って桁違いに大きかったりして回るのが大変だったりするからなぁ~。

とっても暑くて(3月なのに)半袖で過ごしてるから,へばりそうで怖いなぁ・・・。

   DSC09321.JPG

まずは,ホテルで貰った地図を確認。

水色の区画が川沿いのHistoric District(歴史地区)でホテルとかお店が集まっている場所。
赤丸が目的地のOatland Wildlife Centerのある島?
車なら15分くらいで行ける様だ。
では,レッツゴ~♪
  
最初は入り口が分からずにスルーしたけど,すぐに看板を発見して到着っ。
なんだかお金のかかってそうなウエルカム・センターだなぁ~と思っていたら,すぐ前に小さなケージを発見したぞ。
何がいるんだろう・・・・・?
   オポッサム1.JPG
   なんだっけ・・・この生き物,TVで見たことがあるんだけど,思い出せない。
必死で考えたけど,思い浮かばない。
取り敢えず,写真を撮っておけば後で調べれるし・・・とシャッターを切った時だった。
後ろで子供の声がした。
Hi~,と母親らしき人に声をかけられたのをいいことに,思い切って聞いてみた。
これって,名前なんだったっけ?忘れちゃって・・・・
名前はあっさりと分かった。
Opossumオポッサム),フクロネズミって呼んだ方が馴染みがあるかもしれない。
 
  オポッサム2 - コピー (2).JPG
名前の通りの有袋類の1種なんだけど,ネズミっていうのが相応しい顔なのかは微妙
中型犬位の大きさがあるからかもしれないけど,猪八戒に見えなくもない・・・・・。
丸々としているからなのかどうかは分からないけど,南部ではローストしたりして食べるらしいぞ。
南部だから・・・という括りはよくないんじゃないか?って言われそうだけど,習慣が違うのは確かなので,仕方ないんだ。
  
地上のケージに入れられていたけど,本当は木に登るのが得意らしい。
  オポッサム2.JPG
この鋭い爪と,一見するとヘビにも見える巨大な尻尾を使って登るんだって。
そう言えば,いつだったか寄り目のオポッサムニュースが流れたよなぁ~。
ここにいたオポッサムは,あまり愛嬌のある顔じゃなかったけど,カゴの鳥状態だったからかなぁ・・・。
それにしても,なんでこんな狭い檻に入れられちゃったんだろうな?
っていうか,ひょっとして怪我でもして保護されてるんだろうか?
ゴミあさり以外に,道路沿いで車にはねられた動物の死骸を好んで食べる習性があるっていうから,車と接触でもしたのかもしれないな。
  オポッサム2 - コピー.JPG
後で分かったんだけど,死肉以外にとか,かえる食べるらしいんだ。
ひょっとして,柵があってよかったのかもしれないな,なんて思ったりする今日この頃だ。   

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

もっちりもいいけど,ハードも捨てがたい。~Savannah観光 その3~ [GA Savannah(サバンナ)観光]

さて,Savannahへ行った話しの続きだぞっ♪

 

やっぱり,アメリカの[美味しい]お菓子と言えば[バースデー]pretzel[バースデー]だな♪

   5.JPG

と言う訳で,美味しいpretzelを買いに行ってきたぞ♪

あ,今回のは「ハードタイプ」なので,よくお昼代わりにモールのスタンドで買ってくる「もっちりパンタイプ」ではないんだ。

 

やってきたのは,やっぱり川沿いの道。  

   8.JPG

どうしてもこの川沿いの道に店が固まってると思うんだ。

勿論,他の道沿いにも美味しそうなお店はあったんだけど(アイスの店とか)でも,時間の都合で無理だったんだ。

そう,ここは狭い街なんだけど,狭いからこその不便さって言うものがある。

つまりは,道路が入り組んでいるってことだ。

しかも,一方通行地獄にはまって,10分の間に同じ家の前を3回も通り過ぎたくらいだ・・・。

 

で,River Street Sweets(candy store)へ行く事にしたんだ。

   9.JPG

昨日の夕方はぎゅう詰めだったので諦めたけど,この時間[モバQ]なら大丈夫そうだな。

やっとお祭り騒ぎも落ち着き始めた・・・って感じだ。

 

では,早速ホテルへ持ち帰って試食タイムっ♪

    1.JPG

こういう紙袋入りって,なんとなくレトロな感じでいいな♪

  

さすがにハライッパイだったので,3種類にしたぞ。

    2.JPG

上の2つはチョコがけホワイトチョコがけ,下のはアメリカでよく見かけるスティック状のプレッツェル

こういうのスティック状のプレッツェルは素の状態のがスーパーで売ってるんだけど,チョコ無しでもすっごく美味しいんだぞ[るんるん]

どっちかって言うと,ホワイトチョコとかミルクチョコの方が好きなんだけど,ここのは普通のチョコもおいしかった

それにしても,プレッツェルの程よい歯ごたえと,チョコとは相反する粗い岩塩のしょっぱさ砕ける時の食感がたまらないなぁ~[ぴかぴか(新しい)]

   6.JPG

   バリバリぼりぼりひたすら齧り続ける。

 

スーパーとかで売ってる安いチョコがけプレッツェルでもそれなりに美味しいんだけど,やっぱりお菓子屋さんのは香ばしさが違うよなぁ[揺れるハート]

  7.JPG

夜の川沿いの道には心地よい風が吹いていて,ちょっぴり半袖では肌寒かったけど,いい気分で散歩ができたぞ♪

 

次回は,Savannahで見かけたカモメを紹介するぞっ♪  


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

「海老工場」でディナー♪ ~Savannah観光 その2~ [GA Savannah(サバンナ)観光]

さて,夜になったのでごはん食べに行こうっと♪

St.Patrick's Day(聖パトリック・デー)のどんちゃん騒ぎは収まっていないようだ。

 

おや,昼間見たCity Hallや高層の建物が緑色にライトアップされてるぞ。

  DSC08521.JPG DSC08525.JPG

綺麗なんだけど,ハラガヘッテ仕方ないので写真も適当に撮ってさっさとレストランへ向かう。

 

やって来たのは,川沿いのShrimp Factory

   16.JPG

その名の通り,海老やシーフードが食べれるお店だ。

 

この日は表でビールを販売していたので,バーは勿論の事,レストランにも数組しか入っていなかった。

ただでさえ英語の聞き取りが怪しいのに,ざわざわしていたらさっぱり聞き取れなくなる「かえる」にとっては丁度いい位だ。

  11.JPG

        壁の絵が可愛いな♪

何を頼んだらいいのか分からないので,取り敢えずおすすめを聞いてみる。

予想通り海老がお勧めとの事なので,海老を使った物を1つと,サラダを注文した。

あまりボリュームが出ない物でもう1品と言ったら,パスタをすすめられたぞ。

 

そして,お待ちかねの料理が運ばれてきた。

  12.JPG

チーズたっぷりのシーザーサラダ(?)は,コレだけでハライッパイになりそうボリュームだった。

このドレッシング美味しいなぁ~♪

アメリカに来ると,家で生野菜を食べないから余計に美味しく感じるのかもな。

 

お次は,お魚の乗ったパスタ

  14.JPG

スズキとかそういう系だったのは覚えてるんだけど,名前は忘れた・・・。

スズキと言っても,Tilapia(テラピア)とは書いてなかったぞ。

ローストした魚ソースと一緒にトマトとかネギがかけられていて,ちょっと塩気はきついけど,さっぱりしていてなかなか美味しい♪

でも,Tilapiaじゃない・・・と思いたい。

だって・・・向こうでテラピアの水銀含有量の話をやたら聞かされたんだよぉ・・・。

まぁ,日本に住んで魚を頻繁に食べてるのに,今更,っていう感じはあるけどな。

 

で,話を戻すけど,スパゲッティはアメリカ風なのでアルデンテとは程遠い仕上がりだった。

どうやら魚だけの方がよかったようだ。

 

そしてメインの海老料理

陶板に乗せられた海老とソースの器が運ばれ,目の前で2つが混ぜ合わせられた

ジュ~ジュ~と美味しそうな音を立てて,海老ソースが絡まりあっていく。

  15.JPG

で,お米のお皿に海老を乗せて出来上がりっ♪だ。

ちょっぴりピリ辛のソースが,海老の味を引き立てているな

お米には味がついてないようだったので,海老と一緒に食べるといい感じだ

そうだなぁ~,ちょっと脂っこいのが難点かな。

でも,アメリカっぽい味と言えばそれまでだ。

 

食事の後でデザートを頼むかどうか悩んだけど,ちょっと苦しい・・・。

やっぱり最初のサラダでハラ半分占めちゃったのがいけなかったな。

あと,山盛りのパンバタークリームチーズ塗りたくったのもいけなかったんだろう・・・。  

  

はぁ~苦しい・・・。

普段は静かなHistoric District(歴史地区)も,夜9時になっても喧騒に包まれていた。

  DSC08542.JPG

      ひょっとして,祭りは夜通し続くんだろうか・・・。  


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

その時,街は緑に染まった。~Savannah観光 その1~ [GA Savannah(サバンナ)観光]

先日,サウスカロライナの野鳥保護区へ行った話しを書いただろ?

そう,今回はノースカロライナだけでなく,南下してきたんだ♪

と言う訳で,Savannah(サバンナ・サバナ)の紹介をしたいと思う。

     DSC08492.JPG

 

ノースカロライナから走ること5時間あまり,やっとGeorgia人気観光都市Savannahへ辿り着いたぞ。

     DSC08471.JPG

なんだかすっきりしないお天気だけど,こっちは3月でも快晴過ぎると眩しくて仕方ないから丁度いいのかも。

     DSC08472.JPG

おお~っ,まるで緑の海の中へ飛び込んでいくような感じがするぞっ♪

 

実は,この週はSt.Patrick's Day(聖パトリック・デー)のお祭りを催している真っ最中だったんだ。

St.Patrickって言うのは,アイルランドにキリスト教を広めた聖人で,3月17日が彼の命日。

アメリカにはアイルランド移民が多いので,母国アイルランドから遠く離れたアメリカ各地でも大いに盛り上がるんだ。

勿論,Raleighでもパレードとかあったりするんだぞ。

 

話は戻って・・・お蔭で小さなSavannahの街は人人人・・・と信じられないくらいの混雑だった。

因みに,このSt.Patrick's Dayは,キリスト教徒でなくても緑の服やクローバーモチーフの物を身につけてお祝いする。

何故って,緑の物を身に着けていないとつねられるらしいんだ・・・。

基本的には子供同士の遊びのようだけど,老若男女に犬もみぃ~んなどこかしらだった。

たまたま緑っぽいシャツを着ていたから良かったけど,赤い服とか着ていたら,緑のビールでできあがった酔っ払いに絡まれたかもな・・・・・。

 

          DSC08476.JPG

この日,川沿いの噴水の水は見事な緑色に染められていた。

本当に緑尽くしだな・・・・・。

 

そう言えば,アメリカのホテルって,ロビー辺りにフリーのコーヒーサーバーとか置いてあって宿泊客が寛いでいるんだけど,この日はちょっと様子が違ってた。

バレット・パーキングのお兄さんにはじ~っと見つめられたし,ロビーに人が少なかった。

 

そして,カウンターで入院した時につけられるような変なリストバンド(切らないと外せない)を腕につけられて「建物に入る時に見せてください」って言われたんだ。

          DSC08474.JPG

なんでも,観光客が入ってきて,勝手に飲み物やクッキーを持っていくのを防ぐ為なんだって。

しかも,明日まで外しちゃ駄目って言われたぞ。

・・・・・コレつけたまま風呂に入って,寝るのか?

えぇ~,寝る時くらい外したいよなぁ~。

しかも,つけたまま街の中を歩くのってちょっと恥ずかしい[あせあせ(飛び散る汗)]じゃないか・・・。

(ドレスアップした女の子たちも腕につけてたから,外すのは諦めたけどな)

 

 

チェックインを終えたので,リストバンドを袖の中へ押し込み,軽く散歩へ出掛ける事にしたぞ♪

    DSC08479.JPG [ぴかぴか(新しい)]黄金[ぴかぴか(新しい)]の屋根っ!

光り輝く黄金の屋根を持つのは,SavannahのCity Hall

いや~,名古屋の役所の建物もレトロだけど,これもなかなかいい被写体だな♪

 

折角なので,このまま川沿いの道へ降りることにしたぞ♪

    DSC08488.JPG Candy Bar(store)?

Savannah Candy Kitchenというお店を発見したぞっ♪

早速,中へ入ったんだけど,ものすごぉぉぉ~く混んでる

狭い通路を抜けて,奥へ進む。 

奥では,ガラス越しに巨大な機械が動いてた。

       DSC08486.JPG

怪しく光るピンク色の物体が気になって,中にいるおじさんに声をかけてみた。

 

すみませ~ん,コレは何を作ってるの?写真撮ってもいい?

 

店の中がうるさいからなのか,「かえる」の英語のせいなのかは分からなかったけど,おじさんには通じていない様子だ。

諦めずにもう一度声をかけると,突如,おじさんは何かを差し出した

へ?

それは小さなキャンディーだった。

よく分からないまま,ありがとう♪と言って受け取る。

あれ・・・まだ生暖かい?

って事は,今,目の前で作ってるピンクのを分けれくれたのかな?

     DSC08487.JPG 怪しさ溢れる人形。

暫く機械を見ていたら,もう一つ投げてくれたぞっ♪

横にいたアメリカ人のお兄さんもナイスキャッチしていたので,どうやら試食サービスのようだな。

できたてほやほやの生温かいソフトキャンディーは予想以上に甘かったけど,疲れた体の糖分補給になったぞ。

 

 

さて,再び川沿いの道を歩いて街の観光名所の一つであるEmmet Park(エミット公園)へ向かう事にした。

          DSC08490.JPG

       そう,最初の写真の女性の像だ。

The Waving Girl Statue(手を振る女性の像・Florence Martusの像)だ。

燈台守の兄と暮らしていた彼女は,1887~1931の間毎日昼も夜も欠かさず[手(パー)]ハンカチ(夜は[ひらめき]ランタン)を通り過ぎる船[船]に向かって振り続けたんだって。

それがいつしか[揺れるハート]ロマンティックな伝説[揺れるハート]になり,水の事故で行方不明になった恋人が帰ってくると信じてハンカチを振り続けた[手(パー)]という話になったらしい。

でも,アメリカ人の友人曰くたまたまハンカチを振ったら船が汽笛を鳴らしたのがクセになったものだって。

まぁ,大方の伝説の起源なんてそんな物かもしれないな・・・。

 

でも,「かえる」も通り過ぎる船に向かって手を振ってみたぞ♪

          DSC08489.JPG

         反応があるって嬉しいなぁ~♪

 

次回は,Savannah人気レストランへ行った話だぞ♪


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行
GA Savannah(サバンナ)観光 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。