So-net無料ブログ作成
検索選択

 
  * * * * * * * * * * * *   *   *

ここは旧blog ぼくと「かえる」日記 の移転先だぞっ♪       


  * * * * * * * * * * * *   *   *

契約内容を変更したりしてIDが変わってしまったので,blogを統合することにしたんだ。

なんとか6月7日現在,移行作業は終わったんだな。

で,2017年6月18日をもって 無印の方のぼくと「かえる」日記公開を終了し,こちら(工事中)を残すこととなったんだ。

(名前はそのうち直すけど,紛らわしいので,暫くは「工事中」のままにしておくつもりだ)

 

 旧nice.png

みんなには,バタバタ続きで,nice!も消えてしまったり で,ご迷惑をお掛けしてしまい本当に申し訳ない。

これに懲りずに,これからもお引き立てのほどをお願いするぞっ♪

 

 

現行blog [ひらめき] ぼくと「かえる」日記2 [ひらめき] も宜しくお願いするんだなっ[揺れるハート] 

キタキバシリ ブログトップ

北の森には忍者がいる。 ~北の大地から その12~ [キタキバシリ]

 
薄暗い森の中 [モバQ]

ひたすら歩き続ける「かえる」が一匹。


はぁ~,静かだ。

観光客というか,レンジャー以外の人とすれ違わないな。

2時間以上歩いているというのに。



・・・・・。

ふと思う。

ナイト・シャマランのThe Villageの森に似てるかも[がく~(落胆した顔)]

   DSC03675.JPG


あの映画,途中でオチが分かったけど,前半は本気で怖かったし・・・。

誰か居ないかなぁ。

出来ればクマ以外で(居ない筈だけど)




 * * * * * * * * *




再びレンジャーと出会う。

「こんにちは~。」

こんにちはっ♪

「あぁ,ハスカップの花が足元に咲いてますよ~。」

え?どれだろう?

「黄色いの,小さい花が・・・。あ!あの・・・木じゃなくて・・・地面の・・・」



おおっ!これがハスカップの花

   DSC03687.JPG

            散策路の脇にひっそりと佇む黄色い花。

予想と違ったので,すぐに分からなくて申し訳ない。

だって,あんな実がなるんだから大きな木だと思ってたんだ。


そう言えば,道の駅ハスカップジュースが売ってたような?

後で探してみようっと♪




・・・・・?
               

さっきから視線を感じる    |⊖◉)

急いで振り返るものの姿はない。

おっかしいなぁ・・・。

   


あっ!今度こそっ!

何かが,木へと飛び移ったっ!

リスにしては小さい気がするけど,何だろう?


   1222.JPG

     見つけたけど,ピント合ってないぃぃぃぃぃぃ・・・・・[あせあせ(飛び散る汗)]



一瞬の隙をついて,そのは再び姿を消した。

な,何なんだ,あの鳥。

妙にすばしっこくて,「カラ」の仲間なんだろうか?



図鑑を出して調べたいけど,現物を確認する方が先だな。




 * * * * * * * * * *




う~ん,ぜんっぜん居ないっ!


その辺に居ると思うのに,全く見つからない。

空港まですぐとは言っても,早くしないと,本当に家に帰れなくなっちゃうぞ・・・。




あ・・・・・


見つけたぁっ♪

今度は,幹から幹へと飛び移る瞬間を見逃したりはしなかった。

しかし,すぐに見失う。

う~ん,ひょっとしてキツツキ

くるくると螺旋を描くように幹を登って行くようだ。

なので,すぐに裏へ回ってしまい,見失う。




しかし,ついにチャンス到来!

ここで会ったが100年目!


   1223.JPG

                  忍法隠れ身の術!?           



え,よく分からないって?

それじゃあ,これでどうだろう?    [右斜め下][右斜め下][右斜め下]

   1223 - コピー (2).JPG
   


          樹皮にそっくりな色合いで,まさに[ぴかぴか(新しい)]NINJA[ぴかぴか(新しい)]っ!

後で調べたら,キタキバシリ北木走)というキバシリの仲間だったぞっ♪

暫く前から聞こえてた「リーッ」とか「ちりり」という音は,キバシリの声だったようだ。

虫だと思ってたなんて,恥ずかしくて言えないぞっ。

って事は,かなり前から周辺をうろちょろしてたってことか・・・。

全く気がつかなかったんだけどなぁ~。



今日のベストショット

   1029.JPG

キタキバシリが幹をくるっと回って戻ってきたら,虫?を咥えていたぞっ♪

この後暫く,虫を咥えたまま,幹から幹へ飛び移り,らせん状にくるくる回りながら動き回っていた。

飛び移る時,低い位置に飛びつくようだと分かってからは見つけ易くなったなっ[るんるん]

下から上へ螺旋状に移動し,ある一定の高さ辺りまで来ると,また別の木の下の方へ飛び移る。

確かに,このやり方なら効率が良さそうだ。




と言う訳で,楽しかったウトナイ湖散策はこれにてタイムアップ

では,道の駅ハスカップジュースでも飲んでから,空港へ向かうとするかなっ♪
   


nice!(0)  コメント(7) 
キタキバシリ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。